施工管理の仕事とは?メリットやデメリットも教えます

施工管理の仕事とは?メリットやデメリットも教えます


施工管理の仕事の内容

施工管理とは、工程、原価、品質、安全の4つの管理をおこなう仕事です。工程管理は、工期を厳守するために作業のスケジュールを管理します。原価管理は、人件費や材料費、重機費用などの原価を計算して、決まった予算内におさめるのが仕事です。品質管理は、使用する材料のサイズや品質が設計図や仕様書の規格を満たしているかを管理し、作業工程ごとに品質チェックをおこないます。さらに、安全管理は、作業員が安全に作業できるような環境を整備します。このように重要な業務をおこなう施工管理は、建設現場に欠かせません。

施工管理のメリット・デメリット

施工管理の仕事のメリットは、給与が高いことです。他業種の給与水準と比べて高給だと言われています。常に高い需要があるので、転職しやすいのもメリットです。経験やスキルを積むことでさらなる高収入が見込めるでしょう。その一方で、残業が多く休みが取れないなど、忙しいのがデメリットです。やるべき仕事が多い上に、工期を守らなくてはならないからです。

施工管理の仕事の探し方

求人サイトで探す場合は、求人数が多く、建設業界に強いサイトを選ぶと施工管理の仕事が見つけやすいでしょう。会社によって扱う分野は多岐に渡るため、興味のある分野を選びましょう。施工管理に専門的な資格は必要ありませんが、国家資格である「施工管理技士」の資格を取得すると転職に有利に働くかもしれません。ただし、施工管理技士の受験資格には実務経験が必要です。とは言え、近年では未経験者を採用し、施工管理者として育ててくれる企業が増えつつあります。

プラントの施工管理の仕事は単に製造設備の点検や整備を行うだけではありません。トラブルが起きた際は速やかに対処し、設備を停止させないための工夫が即座にひらめく柔軟な発想が必要になります。

チャンピオンカジノ